ブログ

【歯を残す】左上前歯の被せ物が脱離(エクストリュージョン編)

2022.08.30

こんにちは。

東京都立川市の歯科医院「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は左上前歯の被せ物が脱離(エクストリュージョン編)についてです。

患者さんは左上の前歯に違和感があり歯が揺れはじめて、とうとう被せ物が脱離したとのことです。

口腔内を手術用顕微鏡(マイクロスコープ)で確認します。
 

被せ物と土台(メタルコア)が一体となり脱離していました。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用するとむし歯(虫歯)や歯肉の形態などよく観察できます。

特に頬側の歯質が欠けてしまっています。
 

違う角度でも確認します。

歯肉が歯を覆い被せる様に歯の上にあります。

この状態では、被せ物をすることは難しいです。

患者さんは歯を抜きたくないとのことです。

患者さんに現在の状態を手術用顕微鏡(マイクロスコープ)の動画を使用して説明します。

エクストリュージョンといって矯正的に歯を引っ張り上げる治療を行うことになりました。

エクストリュージョンについてのブログです→右上の被せ物がはずれた方の治療(エクストリュージョン編)

ワイヤーを装着して、引っ張りたい歯にフックを装着して矯正用のゴムで引っ張ります。
 

横からの画像です。
 

左が術前です。

右がエクストリュージョン後です。

歯が引っ張り上げられています。

歯質も歯肉より高い位置にあります。
 

咬合面(咬む面)からの画像です。

左が術前です。

歯質が見えてきました。

この後は、歯周組織を整える治療を行います。

治療は順調に進んでおり、この状態なら保存ができると思われます。

続きのブログです→【歯を残す】左上前歯の被せ物が脱離(歯冠長延長術編)

エクストリュージョンは健康な歯質があり、歯根の長さもないと治療ができません。

すべての歯が適応ではありません。

気になることがありましたらご相談お待ちしております。

歯をなるべく保存できるように精進してまいります。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事