• トップページ
  • ブログ
  • 【歯肉退縮・歯周組織再生】左上犬歯の歯肉が下がり知覚過敏症状がある方の治療

ブログ

【歯肉退縮・歯周組織再生】左上犬歯の歯肉が下がり知覚過敏症状がある方の治療

2022.09.02

こんにちは。

東京都立川市の歯科医院「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は左上犬歯の歯肉退縮(歯肉が下がる)、知覚過敏症状がある方の治療についてです。

患者さんは左上犬歯の知覚過敏症状と歯ブラシが当たると痛くて磨きにくいとのことです。
 

口腔内を確認します。

黄色でマークしている部分が歯肉退縮をして歯根が露出している部位です。

この部位はエアーをかけるとしみる症状がありました。

患者さんとよく説明して、歯肉移植を行い根面被覆をする計画を立てました。

歯肉移植についてです→マイクロスコープを使用した歯周病治療/歯肉退縮の治療

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して上皮下結合組織移植術(歯肉移植)を行いました。

術中の画像は出血が伴うため割愛させて頂きます。

もちろん、歯肉移植を行う前に歯磨きの練習や歯周病についての理解を深めて頂くなどの歯周病治療を行います。
 

左が術前です。

歯肉退縮が改善されています。

歯肉も厚みもあり、色もキレイです。
 

わかりやすくするために、ラインを引きました。

黄色いラインは術前の位置です。

青色のラインは術後の位置です。

術前の知覚過敏症状や歯ブラシによる痛みも改善され患者さんも喜んでくれました。

術前は、歯肉が下がり露出した根面にプラークが付着しやすい状態でした。

審美的にもキレイになったと思われます。

今後も日々の歯磨きとメインテナンスをしてもらいます。

歯周病治療などの治療にご興味があります方はご相談ください。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事