ブログ

【歯を残す】左上前歯の被せ物が脱離(歯冠長延長術編)

2022.09.10

こんにちは。

東京都立川市の歯科医院「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は左上前歯の被せ物が脱離(歯冠長延長術編)についてです。

前回のエクストリュージョンのブログです→【歯を残す】左上前歯の被せ物が脱離(エクストリュージョン編)

歯冠長延長術(クラウンレングスリング)は、歯肉など歯周組織を整える歯周外科の治療方法です。

今回は、歯を残すためにエクストリュージョン(挺出)を行い、歯冠長延長術(クラウンレングスリング)を行った内容です。

エクストリュージョン(挺出)をすると歯肉などの歯周組織も歯と一緒に変化します。

変化した歯周組織を整えるために、歯冠長延長術(クラウンレングスリング)を行いました。

エクストリュージョン(挺出)を行う前の手術用顕微鏡(マイクロスコープ)の画像です。

歯が欠けてしまっています。


咬合面(咬み合う面)からです。

歯肉が歯に覆い被さっています。

この状態だと被せ物(セラミッククラウンなど)の治療ができません。

抜歯を選択しないといけない場合もあります。

歯にフックをつけてエクストリュージョン(挺出)をしました。

こちらの画像は歯冠長延長術(クラウンレングスリング)を行った直後です。

出血があるため画像は白黒にしています。
 

歯肉などの歯周組織を整えて糸で縫合しています。
 

横からの角度の画像です。
 

左が術前です。

エクストリュージョン(挺出)をして歯冠長延長術(クラウンレングスリング)を行いました。

歯質が歯肉より上になりました。

この状態なら、歯を残せ被せ物も入れられると思います。

この後は被せ物の治療になります。

患者さんは歯を抜かないで喜んでくれました。

エクストリュージョン(挺出)の治療は自費治療をなります。

今回の治療などご興味があります方はご来院お待ちしてます。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事