ブログ

【むし歯治療】左上第一臼歯の歯が欠けた

2022.08.03

こんにちは。

東京都立川市の歯科医院「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した左上第一大臼歯のむし歯(虫歯)治療について書きたいと思います。

患者さんは左上の歯が欠け、咬んだ時に症状があり来院されました。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して原因の歯を確認します。
 

メタルインレー(金属)の詰め物が入っている歯が欠けています。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)の倍率を上げ拡大します。
 

メタルインレーと歯との境が欠けています。

拡大して確認するとわかりやすいです。

患者さんにこの画像をお見せして説明します。

むし歯(虫歯)の治療を行うことになりました。

患者さんは手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用したむし歯(虫歯)の治療を希望されました。

麻酔をしてメタルインレーを除去しました。
 

メタルインレーを除去すると、古くなったセメント(接着材)や歯質が変色していました。
 

セメントを除去します。
 

むし歯(虫歯)がはっきり見えてきました。
 

拡大してむし歯(虫歯)の状態を確認します。
 

むし歯(虫歯)を一つ一つ除去していきます。
 

角度を変えて内面のむし歯(虫歯)を確認します。

こちらもむし歯(虫歯)が進行しています。
 

むし歯(虫歯)を除去しました。
 

この後、術後にしみる症状などがないようにコーティングをします。
 

患者さんは白いセラミックインレーでの修復を希望されています。

コーティング後はセラミックインレーの形成をしていきます。

この後はセラミックインレーをセットして治療が終わる予定です。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用するとむし歯(虫歯)の状態がよく確認できます。

歯が欠けたり、修復した金属の下が気になる方は相談ください。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事