ブログ

【セラミック治療】右上犬歯のセラミック治療(形成編)

2022.06.08

こんにちは。

東京都立川市の歯科医院「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は前歯のセラミック治療(形成編)についてです。

患者さんは白い前歯にしてほしいと希望されています。

セラミックで治療をするためには、形成(セラミック用に歯を形を整えます)、印象(歯型を取ります)そして歯科技工士さんにセラミッククラウンを作成したもらいます。

今回はセラミック治療の形成からの内容です。

歯周病治療や根管治療はすでに終わっています。
 

まずは、麻酔をして仮歯を外します。

歯と歯の間の全周に歯肉圧排糸を入れます。

この糸は歯肉を一時的に圧排します。
 

歯肉圧排糸を全周に入れました。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して拡大して確認します。
 

黄色い点線が歯肉圧排糸を入れた歯肉のラインです。

青い矢印は歯肉より上にある歯質です。

段差のようになっています。

歯肉圧排していないとわからなかったです。
 

段差がないようにスムーズな形態になるように、全周形成します。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して拡大して形成しています。

形成が終わると次は印象になります。
 

こちらは印象を取っている画像です。

今回はここまでです。

次回は歯科技工士さんがセラミッククラウンを作成してくれセットします。

セラミックを使用した治療は自費治療になります。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事