ブログ

【歯周再生療法・セラミック治療】右上犬歯のセラミック治療(セット編)

2022.06.09

こんにちは。

東京都立川市の歯科医院「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は右上犬歯のセラミック治療(セット編)についてです。

前回のブログです→【セラミック治療】右上犬歯のセラミック治療(形成編)

今回はいよいよ右上犬歯のセラミッククラウンのセットになります。
 

歯科技工士さんが綺麗にセラミッククラウンを作成してくれました。

セットが楽しみです。

これから、セットしていきます。
 

仮歯を除去しクリーニングをします。

そして、セラミッククラウンを試適をします。
 

この時に歯と歯の間の状態、適合、形態、色などを確認します。

患者さんに確認してもらい、セットしていきます。
 

歯とセラミッククランを強固に接着させるために、歯には歯面処理、セラミッククラウンにも処理を行います。

この画像は、歯面処理を行っています。

光で反応する材料を使用しているため、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)のライトを変えています。
 

セラミッククラウンを接着性レジンセメントでセットします。
 

光照射して硬化させます。

硬化後に余剰なセメントを除去していきます。
 

セメントを除去、咬み合わせなどを確認しました。
 

上が術前です。

右上犬歯のセラミッククラウンをセット直後なので、歯肉が少し赤くなっています。

時間が経過すれば、キレイになります。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して歯周病治療、歯肉移植、根管治療、補綴治療(咬み合わせ、被せ物の治療)など総合的に治療を行っています。

患者さんも白い歯、綺麗な歯肉になり喜んでくれてよかったです。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事