ブログ

右上奥歯のむし歯の治療

2021.11.02

こんにちは。

東京都立川市「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は右上奥歯のむし歯の治療について書きたいと思います。

患者さんは右上第一大臼歯、第二大臼歯の咬んだ時に痛む咬合痛と冷たいものがしみる冷水痛を訴えて治療を希望されました。

口腔内を手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を応用して確認します。

右上第一大臼歯にはメタルインレーという金属が、第二大臼歯にはコンポジットレジンという白い詰め物で修復されています。

それぞれの修復物の周りに段差があり歯質が変色していました。

患者さんによく説明してむし歯の治療を行うことになりました。
 

むし歯の治療の際に痛みがないように麻酔を効かせます。

まずは右上第一大臼歯の古い修復物を除去していきます。
 

マイクロスコープを使用して古い修復物を除去すると歯質が変質してむし歯が進行していました。
 

歯科用ミラーを使用して違う角度からもむし歯を観察します。

健康な歯質は硬いですが、むし歯になった歯質は柔らかくなっています。

こちらは歯科用器具のエキスカでむし歯を除去している画像です。
 

むし歯を除去しました。

次は第一大臼歯の治療です。
 

古い修復物の金属を除去するとこちらも中でむし歯が進行していました。

咬んだ時に痛みや冷たいものがしみる症状の原因だと思われます。
 

マイクロスコープで拡大してむし歯を観察します。
 

むし歯が除去できているか確認します。
 

むし歯が深い部分にコンポジットレジンでコーティングをします。

患者さんは白いセラミックでの治療を希望されています。

その後、セラミックインレーの形成をします。

今回はここまでです。

次回はセラミックインレーの取り付けになります。

マイクロスコープ、セラミックを使用した治療は自費治療になります。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史