ブログ

右上側切歯の被せ物(セラミッククラウン)のセット

2021.10.30

こんにちは。

東京都立川市「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は右上側切歯の被せ物(セラミッククラウン)のセットについて書きたいと思います。

前回のブログです→https://www.inouedentalclinic.jp/blog/detail/id=41

 

前回はセラミッククラウンを歯科技工士さんに作成してもらうために、形成、印象(歯型を取る)をしました。

今回は実際にセラミッククラウンを取り付けていきます。

仮歯を外してよく歯面をクリーニングします。

その後にセラミッククラウンを試適といって試し入れを行います。

この時にセラミックの形態、色、歯との適合状態などを確認します。

問題がなかったのでセラミッククラウンを処理して取り付けていきます。
 


セラミックはセメントを使用して歯と接着させます。

この画像は手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して余分なセメントを除去しています。
 

セラミッククラウンが取り付けました。

患者さんも喜んでくれました。

歯科技工士さんにも感謝です。
 

左が術前、右が術後です。

術前の歯と被せ物の隙間やむし歯はなくなりました。

この後はメインテナンスをして注意深く経過観察をしていきます。

セラミックを使用した治療は自費治療になります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

井上貴史