ブログ

【口内炎・歯科用レーザー】右上に口内炎ができて痛い

2022.11.22

こんにちは。

東京都立川市にある歯医者の「Inoue Dental Clinic」歯科医師の井上貴史です。

今回は口内炎についてです。

口内炎ができると痛いですよね。

一度できると日常生活に影響がでて、食事も辛いです。

口内炎が治癒するまで、自然治癒を待つ場合辛い痛みを我慢しないといけません。

患者さんの口腔内の口内炎です。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して確認します。

口内炎が2箇所ありとても痛そうです。
 

患者さんと相談して歯科用レーザーで治療することにしました。

当歯科医院では炭酸ガスレーザーを使用しています。
 

口内炎の表面にレーザーを照射します。

GC社のガスレーザーPlusを使用しました。

レーザー照射中はピリピリするぐらいで痛みはほとんどありません。

レーザーは治癒を早める効果もあります。
 

レーザー照射が終了しました。

時間はかかりません。

これで口内炎の辛い痛みが改善されると思います。

口内炎の他の治療法は軟膏を塗ります。

レーザーは痛みや不快感の改善の即効性があります。

今回は歯科用レーザーについてでした。

歯科用レーザーは他にも歯周病の治療などにも使用しております。

口内炎でお困りな方、お口の中でお困りな方ご連絡お待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史
 
最新記事